ヒートショックは交通事故より多い?

先週開催された電気屋同士の情報交換会で ヒートショックの本当の怖さに気付き 慌てて書き込みます。

説明を受けるまではヒートショックとは 冷たい浴室から熱いお風呂に入ると 具合が悪くなったり最悪亡くなったりすることがある 程度の認識でした。

しかし、入浴アドバイザーの資格を取得している ノーリツ担当者の説明では、 ヒートショックなど入浴に関する死亡事故で亡くなる方は 年間20,000人。交通事故が年間4,000人なので この数字だけでも亡くなる方が多い事がはっきり分かります。

また、亡くなる方のほとんどは シニアの方や高齢者の方が多く 男女比では男性が女性より多く亡くなっているそうです。 メーカーさんの個人的な見解ですが 男性の方が超熱湯で入浴したり、飲酒後に入るケースが 多くみられるからではないかとのことでした。 飲酒後入浴されている方は絶対やめましょう。 私も今日からやめます。

また、ヒートショックの本当の怖さは 入浴後の身体の変化に顕著に現われます。 身体が冷たい状態で暑い熱湯に入ると身体は次の状態になります。

身体が冷たいまま熱湯に入浴 →低血圧→脳に酸素が行かなくなる→意識障害で倒れる →溺死などが理由で最悪亡くなる。

怖いですね。しかし、解決策もしっかり聞いてきました。 解決策は脱衣所とお風呂場の温度差をなくすこと! です。脱衣所は電気暖房器具であたため 浴室は浴室換気乾燥暖房機で暖かいお部屋にすることが 理想ですが、どちらもこれから検討するって方は、 お湯はりの時にフタを開けてお湯をはるだけでも お部屋があたたかくなるそうです。ぜひやってみてください。

私も早速やってみましたが超超超低温のミストサウナのような ほんのり温かい心地いい空間になりました。

浴室換気乾燥暖房機は在庫があるので すぐに交換します。 換気扇から浴室換気乾燥暖房機への交換も可能です。

換気扇のご相談は《047-362-0034》までお電話ください。

※ヒートショックで亡くなる方が減ることを節に祈っています。

≪換気扇ご相談ください!浴室換気乾燥暖房機は¥29,990~≫

STOPヒートショック※冬の温度差に注意!!

メールでのお問い合わせ

24時間受け付け中

お電話でのお問い合わせ

受付時間 月曜日〜土曜日 9:00〜19:00

※スマートフォンの場合は、ボタンをタップしてください。

お問い合わせ

電話

アクセス