火災警報器は煙と熱の2種類あります。

その違いは、室内に発生した煙を検知するのが 火災警報器の煙タイプで 室内に発生した熱を検知するのが 火災警報器の熱タイプです。

それぞれ取り付ける場所が大まかに決まっていて でもそれぞれ違うんです。 煙は・・・それぞれのお部屋や階段の上 廊下に1台ずつ 熱は・・・キッチンのコンロ付近に1台です。

また、火災警報器はバッテリーで作動するので メーカーや仕様により、多少の違いは有りますが 基本的に約10年毎の、電池交換が必要です。

住宅用火災警報器は、約10年を過ぎると 電子部品の寿命や電池切れなどで もしもの時に、火災を感知しない恐れがあります。

お気軽に《047-362-0034》まで お電話ください。 ガス漏れを検知するガス警報器も 販売しております。 火災警報器を取り付けてないお客様は 以前より法律で、住宅用火災警報器の取付が 一般住宅にも義務付けられていますので 早急に導入をご検討下さい。

御用の際は《047-362-0034》まで! ≪ 火災警報器は10年に一度電池交換が必要です 熱タイプの火災警報器 ≫

 

メールでのお問い合わせ

24時間受け付け中

お電話でのお問い合わせ

受付時間 月曜日〜土曜日 9:00〜19:00

※スマートフォンの場合は、ボタンをタップしてください。

お問い合わせ

電話

アクセス