総務省主催4K・8K放送技術講習会に参加!

先日、柏市の某施設で総務省主催4K・8K放送技術講習会に 池田部長・西原・私の3人で参加してきました。

以前から4K・8K放送の仕組みや今後必要になる部材についての 講習会には 参加していましたが今回は取付方法や取付時の注意点など より仕事に直結した実践的な内容でした。

待ちに待った4K放送は今年2018年12月からBS・110度CSで始まります。 その前に簡単に4K・8K放送の仕組みをお話しします。

現在見ているBS・CSは右旋という帯域を使用しています。 右旋でも数チャンネルは4Kで放送することが決まっていますが 主に放送される4K・8Kは左旋の帯域を使用します。 左旋の帯域は4K・8Kの為に再編され特別に空けた帯域です。 その帯域を利用しNHKやスカパー・WOWOWなど各テレビ局が 4K・8Kで撮った映像を放送することが4K・8K放送の仕組みです。

より撮影場所で見ているような細微な映像が見れる4K放送! 2020年には東京オリンピックが待っています!! どんな選手が出場するのか今からとても楽しみですね。 その前にアンテナ取付工事頑張ります。

《 総務省主催4K・8K放送技術講習会に参加しました。》

メールでのお問い合わせ

24時間受け付け中

お電話でのお問い合わせ

受付時間 月曜日〜土曜日 9:00〜19:00

※スマートフォンの場合は、ボタンをタップしてください。

お問い合わせ

電話

アクセス